ほいっぷ

Aro / Ace の雑記ブログです。

なくてもいいと思うよ

私はあまり漫画を読んだことがないのでその辺は本当に疎いのですが、やはりLGBTQ+が先んじて描かれるのはドラマや映画よりも漫画だよなぁという印象があります。まぁその、読んでないので、Twitterとかで流れてくる情報から察しているだけなのですが......。

 

私は「AロマAセクなんて知名度の低いセクシュアリティ、創作のネタになるわけないじゃん」とずっと思っていたのですが、どうもちょくちょくAロマAセクを描いた漫画が界隈でバズる。そして燃える。漫画を普段読み慣れていない上に燃えているとなればそりゃあ読む気も湧いてこないし、読んだ後の心のダメージを考慮した結果、今までその類のものを読んだことは一度しかありません。だっておっかないんだもん。

 

で、直近だと「わたしのアスチルベ」という漫画があるそうで、これも当事者の中では賛否両論あるそうなのですが、設定をチラリと伺った感じ「んー無理かも」と思ったので、今のところ読む予定はありません。余談だけど、ジャンプラの「プラ」って何??

 

私が「んー無理かも」と思ったのはまさにその賛否両論を生んだ「翼がない状態に例える」って部分なんですけども。

 

まぁその......やっぱりAロマAセクの定義に「〇〇がない」って書いてあるからそういう発想になるというか、そもそもあの定義がalloromanticやallosexualを前提とした社会と照らし合わせて「うちらはそういうのないっすよ」ってしたもんだから、そう考えるとまぁ別におかしな発想でもないなとは思うんですけどね。

 

私は別に「AロマAセクの定義が間違ってるからマジョリティが勘違いしちゃうんじゃないの」とか言いたいわけではありません。ただ、やっぱり向こう側(マジョリティ側)を下敷きにした定義にはなっているなと思うわけです。定義を変えろって話じゃないですよ。ただそういう面はどうしてもあるという話です。

 

で、「自分は欠陥人間だ」とか「あるはずの感情がない」とか「自分はおかしいんじゃないか」とか一切思ったことがない私からするとですね、そもそも、

 

君ら、その翼で飛んだことあんの?

 

って話なんですよ。

 

百歩譲って、こっちには翼がなくて君らには翼があるという例えを受容したとしよう。そんでもって、翼を持っている諸君。君ら、その翼で一度でも飛べたことがあるのかい?

 

私は自分に翼がないとは思ったことがないけれど、飛べない翼を持ってたって邪魔なだけじゃない?まぁ、派手だけどね。カラフルだったり模様が付いてたら自慢できるのかもしれない。でも飛べないでしょ。飛んでるの、見たことないよ。

 

私は羽を持ったマジョリティが一生懸命飛ぶフリをして翼をバタつかせている光景しか見たことがないから、「何してんだ......」とずっと思ってきた。羽のある人たちにとっては、その羽からいい匂いがしたり、大きくはためかせる事が重要なのかもしれないけれど、ちょっと落ち着きなよ。君らのせいで砂埃がひどいぞ。

 

私はたまたまゴーグルとマスクをつけることができたAロマAセクだから砂埃が酷くても平気だったけど、持ってない人の方が多いんだからもう少し落ち着いて欲しいと思う。

 

あとね、大丈夫だと思うよ。マジョリティでもマイノリティでも、羽なんかなくても楽しく生きていけると思うよ。

 

みたいなことを思いました。読んでないから結末も途中の細かい描写も私は知らないのですが、当事者の中でも「ここは良くなかったけどこういう部分は良かった」みたいな声をちらほら聞くので、当事者の方で鋼の心臓を持っている人は読んでみてもいいかもしれません。

 

追記:「ジャンプラ」の意味が分かりました。

I want us all to live

私は普段、それなりに楽しくふざけながら生きているのですが、それと同時にあらゆる物事に対し絶望や疎外感を感じながら生きています。そういう両極端な感性は同時に存在しうるのだと、身を持って実感している今日この頃です。

 

さて、私は将来結婚するつもりが一切ありません。aro/aceの説明には必ず「パートナーや子どもを望む人もいます」と書かれており、これはこれでもちろん差別に対抗するための重要な一文ではあるのですが、私に限って言えばこれは当てはまりません。子どもも特に欲しくはないのですが、長くなるのでまた別の機会にでも書こうかなと思います。

 

もちろん、私以外の人間が婚姻関係を望むことはなんとも思わないし、「お好きにどうぞ」という感じなのですが、かといって「おめでとうー!」という気にもなりません。知り合いや職場の人に関しては一応そういう素振りをするのですが、私はどうも顔に出るタイプのようなので(自覚はない)果たしてどこまで誤魔化せているのかはちょっと分かりません。

 

両親が不仲だったとか、幼い頃に離婚しているとか、DVがあったとか、そういう過去は私にはありません。ただ、幼い頃から結婚に憧れを持ったことがないような気がします。母曰く、「パパのお嫁さんになりたい」という台詞もなかったようですし、私が子供の頃に思い描いた自分の年老いた時の姿は、ターシャ・テューダーのような一人で庭いじりをするおばあさん像だったので、もう根っからの「一人好き」だったのだろうと思います(ちなみに私は花が好きではないのでターシャ・テューダーにはなれない)

 

そんな感じなので、「結婚=羨ましい」「結婚=おめでたい」という感覚が一切なく、心からお祝いすることが難しい。大人だからそれなりの対応はするけれど、でも多分、私はどれだけ仲のいい人が結婚したとしても、内心は「ふーん」としか思わないだろうなと思います。プラスの感情もマイナスの感情も一切なし。結婚するという事実を、ただ認識するだけ。

 

そういう感覚の人は、恐らくごくごく少数なのだろうなと思います。たとえ「芸能人の結婚になんて興味ないよ」という人でも、自分の家族や親しい友人が結婚したら「おめでたい」と思う人が多いのではないでしょうか。

 

そういう「世間の空気とのズレ」を否応なく認識する時、私はそれを「孤独だ」と思っているのだろうか、とふと疑問に思いました。

 

孤独は、例え親しい人と一緒に過ごしていても感じるように、自分の気持ちや本当の姿を見せられなかったり理解されない時に感じるものでもあります。それでいうと、aro/aceは認知されず、一人でいることに烙印を押されるこの世の中で、私は自分や自分と同じような人々が理解され受け入れられているとは到底思えません。

 

仮に、結婚をしないという個人の選択やaro/aceについての知識が広く一般に知れ渡って配慮されていれば「自分は世間に受け入れられている」と感じ、結果、孤独を感じる人は少なくなるのだろうとは思います。

 

じゃあ今、aro/ace絶賛周縁化中の現在において、恋愛伴侶規範が幅を効かせているこの世の中で、私は孤独を感じているのかというと特にそうは思わないのです。

 

今日のように「世間の空気とのズレ」を強く感じた時、確かに、思わず天を仰いでため息を吐きたくなります。色々辛いし、絶望します。でも、孤独は感じません。

 

私は自分の特性(一人が向いていること)に割と早い時期から気づいていて、そしてどうもそれは世間一般の感覚からはズレているようだということも分かっていました。それでも理解のある母と友人、そして数々のフィクションに支えられて「自分は自分、他人は他人」と思えたからこそ、私はそこまで孤独を感じることなく生きることができています。

 

「世間とのズレ」を感じた時に「それはあなた方の考え方であって私とは違いますね」と思うことができるのは、そういう環境がたまたまあったこと、そして色々な方がaro/aceやフェミニズム等について活動してきてくださった過去のおかげだなとしみじみ思います(そして現在も)

 

もちろん、この状況にいて「自分は孤独だ」と思う人はそれでいいのです。いや良くはないのかもしれないけれど、でも実際生きにくい構造にはなっているのだから、そう思うのは当然だと思います。

 

今日は色々とモヤモヤすることがありました。私とは違う感性で生きている大多数の人が見ている景色は、私にとって異文化であり、親近感を感じることはありません。私や私と同じ性的指向・同じ考え方をもつ人が貶されたり笑われたりする時、すぐにひっくり返すことのできない構造をひしひしと感じる時、なぜ私にはスーパーヒーローのような力がないんだろうと恨めしく思います。

 

それでも私は生きたいし、歳をとって一人静かに余生を過ごす夢を見ています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

 

そんな真面目なことを考えていたら、肉を盛大に焦がしてしまいました。やっぱり私はターシャ・テューダーにはなれない。

 

aro/ace全然知られてないってことをたまに忘れる

aro/aceってただでさえ周縁化されているので、日本語で書かれた記事がなかなかありませんよね。一応私が自認したのは2019年なので、その頃よりももっと前よりかは幾分検索しやすかったのかなとは思うのですが。

 

で、そうなると必然的に英語の記事を漁ることになるんですよね。

 

読めないながらも翻訳機を駆使して調べていくうちに、aro/aceに関する記事に関しては、ある程度何を言っているのか推測できるようになってきました。

 

そういう人は、いっぱいいると思います。他のマイノリティ、特に日本語の記事が不足しているマイノリティについては「読めないから読まない」という選択肢がない。読むしかないんですよね。

 

aro/aceに関する記事は英語の方が圧倒的に多い。ヒット率が違う。探してて楽しい。で、そういったものを読んでいくうちに自分の中でどんどん知識が身についていくし「意外とaro/aceのこと知られてる!」って思うのですが、よくよく考えてみたら私は英語の記事やらyoutubeやらTikTokやらを漁っているわけで、日本語ソースじゃないんですよね。

 

ってことをうっかり忘れてしまうことがよくあるんですよ。

 

え、私だけ?

 

......まぁともかく。私はあるんです。

 

で、たまに日本でもaro/aceがちょぉ......っとだけ話題になることがたまぁ......にあるじゃないですか。

 

そういう時にね、ふいに現実を突きつけられるんですよ。「あ!意外と、想像以上に、全然知られてない!」みたいな。

 

......いやまぁ、私が勝手に勘違いして勝手にショックを受けてるだけなんですけどね。そういや私は英語圏世界線にトリップしてただけだったわーって。

 

そういうことないですか?

 

もちろん私だって国内と国外の状況がまるっきり違うことは分かっていますよ。でも多分、願望とかもあるんだろうなぁって思った、今日この頃です。

 

以上、雑談でした。

『Run On』面白かったね

低気圧のせいか、妙な時間に寝てしまいました。同じく気圧が低かった2日前は頭痛と吐き気もあってこめかみがドゥクンドゥクンいってたのですが、今日は眠くなるだけで済んで良かったです。夜、寝れる気がしないけど。

 

さて、ゴールデンウィークが始まりました。とはいえどこかに行けるわけでもなく、ずっと家で過ごすことを計画しています。元来出不精なので、去年も一昨年もその前もずーっとそんな感じでした。旅行にもいかないし、パスポートも車も持っていないので行ける範囲も限られています。人混みは嫌いだし、騒がしいところも嫌いです。

 

というわけで、家にいるのが全く苦ではない私ですが(むしろ出勤せずに済むようになったのでストレスが減った)、さすがに刺激がなさすぎて思考の広がりがなくなってきてるな、という時はドラマや映画に頼ります。本も読むのですが、映像は視覚と聴覚も刺激されるので最近はもっぱら映像作品を楽しんでいます。

 

私はもう観終わったのですが、韓国ドラマ『런온(邦題:それでも僕らは走り続ける)』がとても面白かったです。恋愛ドラマなので「そういうのはちょっと......」という人にはおすすめできませんが、ロマンティックアセクシャルのキャラクターが出てくるので興味のある方はぜひ。15話でキム選手が「アセクシャルじゃないんですか?」って聞いた時は「それアウティングじゃない?」と思いましたけど......気になったのはそこだけで、それ以外は概ね良かったです。性差別・パワハラ・隠蔽体質・アジア人差別・Toxic masculinity・ホモ・ソーシャル等々の社会問題を織り交ぜて描いていて、非常に安心して見られます。

 

感想・批評はこちらのサイトがとても分かりやすいのでぜひご覧ください。いつもお世話になっております。

cinemandrake.com

 

ちなみにこれが「初・韓国ドラマ」だった私は、各話の時間が軽く1時間を超えることにびっくりしました。1話を見た時は「初回拡大版なのかな?」なんて思っていたのですが、よくよく見たら長いものだと70分とかあったりして「最後まで見れるだろうか......」ととても不安になりました。かつ16話もあるし。普段、10話程度のリミテッドシリーズや1話30分ものなどで散々甘やかされている私。「ハードル高いんじゃなかろうか......」と最初は思いました。

 

でも、最終的には「70分もあって良かった」と思いました。それだけ長い時間『런온』の世界に浸っていられるということだし、主役の2人が正式に付き合い始めるあたりから怒涛のイチャイチャタイムが始まるので楽しかったです(こういうのは好き)

 

ちなみにベッドシーンはないので、そういったシーンが苦手だったり嫌悪を感じる人でも見ることができると思います(※キスシーンはあります)

  

もし、ゴールデンウィークが休みで自由な時間があったらぜひ見てみてください。

鉄フライパンちゃんを綺麗にしてみた

私は料理が全く出来ないのですが、うちにある唯一のフライパンは鉄フライパンです。

 

そうです。あの鉄フライパンです。

 

ちゃんと手入れをしないと焦げついて錆びるよと必ず脅し文句が付いてくるあの鉄フライパンです。

 

そうです。私は形から入るタイプです。

 

大昔、「丁寧な暮らし」とやらに憧れて自家製ホールトマトを作ったらカビが発生して全捨てしたやつが(ごめんトマト)、何でよりによって手入れの面倒な鉄フライパンなんかを?

 

そんなの決まってるじゃないですか。

 

カッコいいからだよぉぉぉおおおおお!!!!!

 

それに、買った当初はガサツな私にピッタリだと思ったのです。テフロンと違ってガンガン強火を使っても平気だし(強火が恐くていつも生焼けのくせに)、手入れさえすれば一生モノ(その一生で何回使うかは考えなかった)

 

一番魅力的だったのは「洗剤で洗わなくていい」ということでした。今では「むしろ洗剤で汚れをきちんと落とすべき」というのを知っていますが、当時は全く知らなかったしネットにもあまり書いてなかった。たいてい「タワシでゴシゴシお湯で洗えばOK!」みたいに書かれてあったので、洗剤が手に触れるとクシャミが出る(どういうメカニズム?)私にとっては「こりゃあいい!」となったのでした。

 

さてさて果たして、購入してから何回も「焦がす→削り落とす→焦がす→削り落とす→......」を繰り返し、いつのまにか「そんなにくっ付かない」程度にまでは成長しました。やれば出来るじゃん私。

 

もっとも、ちゃんと料理し出したのは最近なんですけどね。実質購入してから2年間くらいは放置してました(モッタイナーイ)

 

で、その鉄フライパン。少し前から「汚れてるんじゃないか」疑惑が持ち上がっていました。

 

私は鉄フライパンについての科学的な知識なんぞ持ち合わせていないのですが、よく「育っていくうちに色が変わっていく」って言うじゃないですか。

 

それかなーって思ってたんですけどね。

 

ネットで検索しても、なんか明らかに「ヤベー状態」の写真が多いんですよ。鉄フライパン全身にコゲがビッシリ、みたいな。錆もつきまくってて、それを「はい、こんなに綺麗にしましたよ!」ってやったら映えるのは分かる。それを求めてる人もいるんだと思う。でも、悪いけど私のフライパンちゃんはそこまで汚れてない(あんま使ってなかったからね)。だから「これは汚れ......?それとも成長中なのか......?」と判断出来なかったワケですよ。

 

で最終的には

 

「なんでもいい、削っちゃえ」(考えるのめんどくさくなった)

 

とセリアで買ってきた紙やすりでゴシゴシ削ってみたのでした。結果、

 

汚れでした。

 

黒いススが出てくる出てくる。指先が黒くなって「おーなんか“家仕事してる”って感じ!」と1人で舞い上がってたりしました(日常系の映画とかドラマってそういうシーンあるよね)。

 

紙やすりを使うときは荒めのものからスタートして最終的には細かいやつで仕上げるものですが、私はお腹が空いていたので#80で擦りまくった後油ならししてすぐに調理しちゃいました。油ならしも、熱したフライパンに油をいつもよりほんの少し多めに入れて5分くらい経ったらキッチンペーパーで拭き拭きしただけ。お腹が空いてたからね。

 

ただ今日作ったのは水気の多い料理だったので「焦げなかったよ!」とは言えないのですが、明日の朝に肉でも焼いてみようかと思います(いきなりお肉はハードルが高いかな?)